福岡城南法律事務所トップ写真

■ 破産について



(破産手続ついて)

破産手続というのはどのような手続きですか?内容を簡単に教えてください。

破産手続は、債務の返済ができなくなったときに、裁判所に申立てをして、資産を処分して支払いに充て、残った負債を免除してもらうよう求める手続きです。
通常は、裁判所が破産手続の開始を決定し、破産管財人を選任して、その破産管財人が債務者の財産を金銭に換えて債権者に配当することになります。 例外的に、個人破産を申し立てる場合で、ほとんど換価する資産がないような場合などには、破産管財人を選任せずに手続きを行う場合もあります(同時廃止事件)。

(費用ついて)

破産の依頼をしたいのですが、費用はどのくらいかかりますか?

詳細については「弁護士費用について」のページをご覧ください。
法テラスの立替払いや費用の分割払いのご相談にも応じますので、お問い合わせください。 なお、同時廃止にならずに管財人がつく事例の場合には、弁護士費用とは別に裁判所に納める費用が必要になります(この点も詳細は弁護士にお尋ね下さい。)。

(破産をした場合のデメリットについて)

破産をした場合にはどのようなデメリットがありますか?破産をすると、そのことが知人や職場に知られてしまいそうで不安です。

破産をすれば官報には掲載されますが、破産をしたというだけでそのことを知人や職場、近所の人に知らされることはありません。
戸籍や住民票に破産したことが記載されることもありません。
ただし、破産をした場合、いわゆるブラックリストに載って一定期間新たな借入れができなくなることがあり、また職業が制限されることもあります。

(個人事業主の方について)

個人事業を営んでいますが、売上げが思ったように伸びずに借入金が返済できず、事業が続けられません。このままだと将来家族にも迷惑をかけそうで不安です。どうしたらいいでしょうか?

支払い条件を見直しても今後の返済の見込みが立たないような場合には、破産手続きを選択することになります。
ただし、どの手続きを選ぶのが良いかは、資金繰りなどを見ながら慎重に判断した方が良いと思います。悩まれているときは一度ご相談ください。

(一部の債権者への返済)

借金が返せなくなってしまい、破産をしたいと思います。お世話になった人には迷惑をかけられないので、すこしでも手元にお金があるうちにその人にだけは返してしまいたいと思います。問題はありますか?

お世話になった人に迷惑をかけたくないと思われているのはその通りだと思います。
しかし、破産手続上、債権者は平等に取り扱わなければならないとの原則があります。特定の債権者にだけ返済をした場合、管財人からその債権者に対して請求がされることがあり、お世話になった人に迷惑をかけないどころか、その人を巻き込んで訴訟の被告にしてしまうこともありえます。
本当にその人に迷惑をかけたくないのであれば、返済することは控えるべきです。